読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでとう

漫画・アニメ

 前回「大好きだ」を取り上げたから今回もNARUTO疾風伝のお話。オープニング映像変わってましたね。完全にナルトとサスケの対決モード。

 そしてはたけカカシ先生、一日遅れたけど誕生日おめでとう。

 

 カグヤは無事封印して陰で操ってきたゼツも倒されめでたしめでたし。「忍の世界は死にざまと生き様」「生まれてくる嬉しさと愛される喜び」のくだりが印象的。

 ミナトの「お帰り、ナルト」の一言の破壊力がすごい。この後を思うと。サクラの六道仙人評「びっくりするのも疲れちゃった」って(笑)。オビトの最後の人助けはカカシでしたな。写輪眼が消えていく様は切なさもあるけど不思議な達成感も。エンディングはナルトとサスケだけでなくカカシとオビトのことも歌っているのでは。マダラの胸のシュールさは何とかならなかったのか(笑)、柱間ァ!

 

 ラストはミナト父ちゃん。朝日が昇る中の「誕生日おめでとう!」は美しくて泣けました。ここから涙腺が大変なことに。

 「みんないい奴なんだ!」の時にサスケを映すのがうまい。全部うまくいってねえけどそこそこ。ミナトは全部しっかり伝えてくれる。

 終盤泣きながら観ていました。本当にこの回原作で読んだ時から大好きです。

 

 次回はいよいよサスケの革命…。カカシ先生の名言も出るな。ちなみに提供はミナト父ちゃんとの別れのシーン。

広告を非表示にする