読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆転裁判6もクリアしました

ゲーム

 昨日『逆転裁判6』も無事クリアしました。成歩堂龍一王泥喜法介のW主人公だとか真宵ちゃんの参戦とかオールスター感のある作品でしたね。

 ネタバレあるので隠してから語ります。

 

  W主人公とはいうけどオドロキくんの方にウェイトがある作品でしたね。もちろんナルホドくんも見せ場は用意されてます。マヨイちゃん復活といいつつも出番はほとんどないというのはちょっと。

 第5話でPVでもやってた二人の対決が見られますがまさか民事裁判だったとは。2を思い出したり2エピローグの姿勢はどうしたんだと違和感感じるところもあったり。もちろん笑いどころもありました。成歩堂を追いつめるってのは複雑な気分。負うた子に教えられをやるにしても。二人で決めるだったらここまでならなかったと思いますが。

 その5話は長丁場かつ複雑で目の前の問題を解決するだけで精いっぱいという。法廷はオドロキくんを捜査してナルホドくんがサポートという師弟タッグは燃えました。間違えたあとヒントを出してくれる時とか安心感ありましたね。ドゥルクは本当に衝撃。「嘘だろ…」と思いながら謎を解くところも多かったです。最後はヘロヘロになりながらも真相を明かしたときは爽快でした。ラストナルホドくんからのお褒めの言葉は胸が熱くなりました。これで独り立ちするための布石が打たれたかな。細かいところでは成歩堂と御剣が一緒に捜査するところもあり。

 

 一番楽しかったのは箸休めの第4話かな。主役はココネちゃん。落語がテーマだったというのもありますが登場人物が個性的。「依頼人の無実を最後まで信じること」「弁護士はピンチの時ほどふてぶてしく笑うこと」「発想を逆転させること」も出ていたのもよかった。

 ユガミ検事がサポートってのは意外でしたが…この人面白いよ(笑)。水カステラなんてこのゲームで覚えました。そういえば3の第5話も御剣を操作してるときすごく楽しかったな。

 

 今作のシステム御霊の託宣は…難しかった!二回間違えるとヒントがもらえるんですがそれでもわからず攻略サイトに頼ったところも。証言と流れる映像を見比べるんですがオレは複数のことを同時に処理するのが苦手なもので(大汗)。って、ニボシさんかよ。

 

 他にはキャラの動きに目を奪われましたね。ホントぬるぬる動いてた。音楽もよかったです。特に王泥喜のテーマ、追及の曲がお気に入り。追及の曲は初代と同じくらい好きになりました。

 オドロキくんは結構正体が語られましたね。王泥喜姓は日本で引き取られた両親のものかと思っていたら生まれた時の苗字だったとは。

 7で王泥喜編は完結するのかそれとも7は完全登場人物一新になるのか。それでも裁判長辺りは平気な顔して出そうですが。

 総じて楽しめたかな。