読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOTHER2を終えてその2

ゲーム

 つづき。こうしてバーチャルコンソールMOTHER2を始めることになり、3月5日にはじめて中断をはさんだものの先日見事クリアできました。

 面白かった。ああ、やっぱりダウンロードしてよかった。昨日も言ったけど。

 

 キャラ、ストーリー、世界観、グラフィック、音楽など魅力はたくさんありますがヘタに語ると陳腐になってしまいそうで怖い。ただ、「よかった!」「素敵だった!」「感動した!」とシンプルな言葉でしか伝えられない。いうなればMOTHER2は「おうち」ですね。子供の時プレイしてから大切なものとして心に残り続けている、ずっと忘れられないものということで。あ、おうちにいるのはお母さん、だからMOTHERか(笑)?

 ゲームプレイ中は「こんなに難しかったっけ?」って印象。数の暴力で押し切られたりキノコ状態にされてるところ事故死したり強力な全体攻撃ぶっぱなされたり…。もっともそれは序盤の話ですが。弱い、そろわないだけでここまで追いつめられるとは。

 だからマジカントはまさかの初回クリアできたのは意外でしたね。

 このゲームってキャラの性能がよくできてるかと。

ネス:ドラクエで言うと勇者。攻撃回復できて肉弾戦が基本。ラストで大パワーアップ。ギーグ戦ではライフアップΩばっかり。

ポーラ:典型的な魔道士タイプ。すばやい。ギーグ戦ではいのりが勝利の鍵。

ジェフ:戦士、FF6ならマシーナリー。アイテム使い。搦め手や大火力攻撃ができる強豪。スーパーバズーカばっかり使えばいいと思ってたけど単体なら通常攻撃の方がいい。

プー:おそらく最速。賢者であり武闘家。が、PPが少ない。そんな彼のアイデンティティはヒーリングΩ。ザオリク要員。

 

 そしてMOTHER2といえば最大の魅力は名ゼリフ迷ゼリフの数々でしょうか。ネス出生時のママのセリフは感動。それ以外にも心にしみるセリフは枚挙にいとまがありません。あとどせいさんかわいいし面白い。

 きちんとギーグを倒してエンディングも最後まで見れましたしこれでようやく幼い日の忘れ物を回収できた気分です。満足感でいっぱい。

 

 と、こんなでしょうか。これにてMOTHER2プレイ日誌を終えたいと思います。また気が向いたらプレイするかもしれませんね。

 ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございました!

 

 MOTHER2 ギーグの逆襲プレイ日誌 完

広告を非表示にする